トヨタスポーツ800をつくろう!

2007年06月18日

ミッション004「緊急指令!向きが合っているか調査せよ!」

相変わらず、なかなか作業は進んでいませんが、
装着したゴム部品に先日ヒビが入ってきているのを発見。

もう供給不可となっているゴムだけに、ショックを隠せません。
このままでは・・・完成まで大丈夫でしょうか?

話題の主は「華麗なるカバーの留め方【第1話】あまり役に立たない豆知識?」の
左の修復中の写真、ブレーキマスターシリンダーのカップのすぐ右に見えるゴム
シールクラッチペダルオープニング(品番55255-10010)です。

記事へ直行→http://pdamodel.seesaa.net/article/36391094.html
写真へ直行→http://pdamodel.up.seesaa.net/image/DSC01272*.jpg

ちなみにこの部品は40年版のパーツリスト他に基づいて取り付けました。

しかし、一般的に出回っている43年7月発行のパーツリストでは、
向きが逆(ゴムのでっぱりを車内側に向ける)になっているんです。

UP10パーツリストやそれ以前のヨタのリストのイラストおよび、
修理書のイラストはすべて写真の通りの向き
(たぶん使い回しのためだと思います)なのです。

イラストの場合、一部ですが間違っていたり、
UP10からずっと使い回しされていて細部が実際と異なることもあるわけで、
当時のエンジンルームが写っている写真を雑誌や資料をいろいろ調べてみましたが、
結局肝心な部分がいまいちはっきりせず、調査は持ち越しとなりました。

ちなみにこのゴムを固定するブラケットの四角い穴にピッタリと収まるように
ゴムの出っ張り側に四角い型があったりしますので、
この取り付け方法が間違っているとも思えません。
(ボディの四角い穴にもピッタリなんですけど)

クラッチペダルを装着していない状態であったとしても
クラックが入ってきてしまったことを考えると、
43年版パーツリストのような向きにするのが無難かもしれません。

【仮説1】UP10当初からイラストが間違っている。
【仮説2】ある時(43のマイナーチェンジ?)から向きが逆になった。

ただ、一度嵌めてしまったゴムを外すのも被害を拡大してしまいそうで、
今一度きちんと調べた上で判断しようと思っているのです。

「ボス!今回は(も?)解決できません!お時間をください!!」
posted by アールエス800 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料/CHASSIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。