トヨタスポーツ800をつくろう!

2007年08月27日

眩しくたって電解研磨!【中編】

「あぁっ!!なんという輝き!!!」

社長さんがビニールから取り出すと同時に思っていた以上の仕上がりに、
思わず声が出ました。



DSC01386.jpg



下準備もしていなかったことを考えても十分以上のしっとりした上品な輝きです。

また、心配していたアルミのリベット部分も溶けないように
加工時間を少し短めにしていただけたようで、細かい配慮に感謝です。
(下の写真・赤ワク内参照:真鍮もきれいになっていることが分かります。)

工賃600円を支払い(写真のように3つに分解していたので200円×3)
家に持ち帰りました。

さぁ、再度ゆっくり確認してみましょう。



DSC01385.jpg



A.今回電解研磨したもの
 (元は後期用の硬質クロムメッキされた防眩処理仕様:ほぼBに近い状態)

B.後期用の硬質クロムメッキされた防眩処理仕様(中古品)

C.前期用の電解研磨仕様と思われるもの(中古品)

写り込みの状態が分かりやすいように色紙を置きハロゲンライトをあてています。
AとCはつるつるではなく微妙に砂地状のためもわ〜っと写りこんでいる感じです。
また、写り込みのないB(後期用)では防眩処理の効果が分かると思います。

上記のように硬質クロム仕様をもとに電解研磨しましたので、
前期用のような光沢が出るか心配でしたが、
ほぼ同じような感じに仕上がったと思います。

ただ、細かいキズなどはかなり目立たなくはなりますが消えることはありません。

Cのワイパーですが反対側はもう少し研磨されたような状態でした。
ただ、同タイプの他の中古品を見ても半分は光沢が増しているものが多いようで、
あくまで推測ですが、洗車する際などコンパウンドで擦っている間に、
光沢が増したのでは?と思っています。
(確かにアームで隠れる部分の方が微妙ですが光沢はありません。)

中古品での比較でしたのでなんともいえないところですが、
まぁ見比べなければ分からないでしょう。

さぁ、問題は面倒に思えたので今回の実験に出さなかったアーム側です。

アルミ(ただしリベット部)はほとんど溶けないことが分かりましたが、
問題はバネなどのクロメイト処理された鉄です。

溶けないにせよ、メッキが剥がれることは間違いないですし・・・

ここのピンを抜くことが出来れば・・・うんん〜時間や手間がかかりそうだ・・・
という訳でこの続きはまたまた無期延期ということで・・・
posted by アールエス800 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 組立/ELECT. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

毎年楽しみなHANDS MESSE!

東急ハンズで毎年この時期に行っているバーゲン。

昨日、行ってきました。さすがにすごい人・人・人。

日常品などチェックしておいたブツを購入し、
いよいよ、工具コーナーへ。

KTCやチラシに載っていない在庫処分品(これがかなり安いのだ)を漁る漁る。

KTCのスパナ(6mm)200円!、他に錆取り用品など買い込みました。

今使っているプロクソンのフライスマシンも
何年か前のHANDSMESSEで購入したもの。
ただ、何年も寝かせたあげく未だにボール盤としての機能しか使いこなせていない。
(もともと本格的な工作は出来ないかもしれませんが、それにしても・・・ね)

卓上旋盤も気になるところでしたが、
フライスマシンの二の舞になりそうですので通り過ぎる・・・

今回はきちんと使うモノしか買っていないよ???
(マイクロメータなんかも欲しかったなぁ。)
posted by アールエス800 at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

眩しくたって電解研磨!【前編】

トヨタスポーツ800の後期型への移行時にメーターパネルなどの
数々の部品へ防眩対策がなされました。

発売当時、かの浮谷東次郎氏も鈴鹿での試乗レポートで「光るダッシュボード」と
指摘していたのが、アルミのメーターパネルでした。

個人的には所有歴17年近くになりますがメーターパネルが
そんなに眩しいと思ったことはありません。
(近年はあまりトップを外して乗っていなかったからかも?しれませんが)
ただ、メーターのガラスに関しては防眩加工のしていないガラスでは、
ちょっと見にくいと思ったことはあります。

さて、変更されたパーツの中にワイパーも含まれており、
68年発行の新型解説書では「ワイパアームおよびブレードの金具表面処理を
従来の電解研磨から硬質クロムメッキの防眩処理をほどこしました。」とあります。

電解研磨?・・・どういう加工なのか?ちょっと調べてみる・・・

カンタンに言いますと、ステンレス材を酸性の液に浸漬しプラスの直流電流を
流して表面を溶解し、きれいにする方法なのだそうです。

ステンレスの主な成分であるFe(鉄)、Cr(クロム)、Ni(ニッケル:
含まれない材質もある)のうちFeがもっともよく溶け、Cr、Niの濃度が
高くなり、酸洗い等で不動態化処理するよりはるかに完全な不動態化処理被膜が
形成され、通常のステンレスより耐食性が向上するということらしい。

(参考HP→http://homepage3.nifty.com/i-denken/

さて、ワイパアーム一式を持って上記の伊藤電研有限会社さんへうかがってみる。
伊藤社長さんに手渡すと磁石を持って「鉄分が多いからそんなに光らないかも」
とのこと、磁石に反応しにくいステンレス(Feが少ない)ほど輝くようです。

「昔はトヨタのワイパーも電解研磨やったよ。」とのこと、
もしかしてヨタのもやっていたのかもと思いつつ(それ以上は詳しく聞かなかった)

その他、かしめてあるアルミや鉄は少々溶けるとのことを確認して、
試してみる?との問いかけに後期型のワイパーブレードを実験台に捧げることに、
見てもらうだけのつもりでしたので、きれいにしていなかったのですが・・・
ちなみにアーム側を出さなかったのはアルミや鉄が使用されているため、
ちょっと溶けると面倒だと思ったからでした。

ちなみにおいくら?・・・1つ200〜300円かなぁ〜
・・・是非お願いします。

ブレードゴムなど外して預けました。仕上がりが楽しみであり不安であります。

次の日には上がっていたのですが、やっと本日引き取ってきました。
・・・「あぁっ!!」

この続きは次回へ
posted by アールエス800 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 組立/ELECT. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。