トヨタスポーツ800をつくろう!

2009年04月27日

初期型ステアリングを修復する【その3】伸びるのか?縮むのか?

それにしても、なぜこんなに割れていたのでしょうか?

今回、実験台に上がったステアリングは中でもひどい状態だとは思いますが、
以下は金属や樹脂の特性をよく知らないシロウトの推測です。

●夏など、室内が高温になり、金属部分が若干伸びることが一つのきっかけ。
●樹脂が経年変化により縮んでいく。
●裂けて覗いてきた鉄部分が錆でふくらみ、さらに樹脂が割れる・・・

以前乗っていたスポーツ800に当時まだ供給されていた
中期型のステアリングを装着していたことがありますが、
10年も乗っていると、ホーンボタンリングを外しがたくなってきたり、
スポークとボスの付け根が割れてきたりしました。

劣化の進行を鈍らせるには、高温にさらされない場所に停めるとか、
換気に注意した方がよいのかもしれません。

修復中のステアリングホイールの上部(日光にさらされる部分?)の
表面の劣化が著しかったりしました。

写真の矢印はスポークを中心に樹脂が縮む方向です。
(ボス部分はプラリペアで埋めた後の状態です。
 境目が出たため、再度やり直すことになりますが)


DSC02130*.jpg


設計変更により中期型になるとホイール部分から、
スポークの途中まで樹脂が回り込むタイプになりますが、
樹脂の変形を防ぐ意味もあったのかもしれません。
(写真のような変形はなくなりましたが、
 今度は回り込んだ部分で割れることもあるようです。)

先日、トヨタ博物館に行ってきましたが、
60年代くらいまでの国産車にはステアリングが樹脂製のものが多く、
かなりの車両のステアリングが割れていたようで、
修復して装着されているものが多いのが確認できました。
また、塗装による修復も確認でき、塗装もありなのかなと思えました。

いずれにしても、40年以上前の部品ですので、
使用していれば、何の劣化もないことの方が不思議なのかもしれせん。

さて、修復中のステアリングの巣はどうしましょう?
posted by アールエス800 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 組立/CHASSIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118171322

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。