トヨタスポーツ800をつくろう!

2009年05月13日

初期型ステアリングを修復する【その4】2個を1個に。

昔、個人売買など手に入れた部品の中に
割れたホーンボタンリングが3つあり、
接着剤でつなぎ合わせたものが1つ、
あとの2つは割れて部分的になくなってしまっていました。

【その2】で書いたような原因でホーンボタンリングを無理矢理、
開け閉めしようとして割れてしまったと思われます。

ステアリングを修復するついでに、
割れたホーンボタンリング2個を使用して
1個作成することにしました。

1個をメインにして割れてなくなった部分を
他のものよりリューターで削り取り仮接着、
そして裏からプラリペアで埋めていきます。
(リューターで削り取る時に失敗して割れてしまったため、
 プラリペアで埋める部分が多くなってしまいました。)

テーパー角度が若干異なるため、ヤスリで整えます。
(つじつま合わせが面倒な作業となりそうです。)
その途中の写真です。


DSC02248*.jpg


そして部品取りになった残りです。
こちらも今後のボス部のネジ修正用などとして、
まだまだ、役に立ってもらいます。


DSC02253*.jpg


プラリペアは、時間が経つと、少し痩せてくるようで、
1週間ほどおいて仕上げ作業を進めようと思います。
posted by アールエス800 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 組立/CHASSIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。