トヨタスポーツ800をつくろう!

2010年12月10日

ドイツ製ヒーターの話題でひっぱります!

何年か前に、デンソー50年史で知ったエバースペヒャー社ですが、
その時、燃焼式ヒーターで調べ最初に出てきたのがベバスト社(Webasto)でした。
ヨタのものと構造も似ていたので、エバースペヒャー社とベバスト社が一緒なのかと?
Webastoはエバースペヒャーと発音するのか?などと考えたりしましたが、
結局結びつかず、その後にエバースペヒャー社は
存在していることが分かり解決しました。

先日のブログでEberspacherの和名がいろいろ出てきますが、
一応、それぞれの呼び方でそのまま表記しておきました。

現在はイーベルスペッヒャーと呼ぶのが一般的なのでしょうか。

イーベルスペッヒャー社のヒーターには高標高用ポンプキットがあり、
「標高の高い所(1500m〜2750m)でヒーターを使う為の専用キットです。
 切替は切替スイッチによる手動操作です。
 通常のポンプでは1500m以上は不完全燃焼が起こる為ヒーターは機能しません。」
とあります。

ヨタのヒーターを標高の高いところで使用したことがないので、
同じような症状が起こるのかはわかりませんが興味深いです。
(ヨタの電磁ポンプの方が強力だったりするのかな?)
posted by アールエス800 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料/ELECT. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172768608

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。