トヨタスポーツ800をつくろう!

2011年02月21日

気がつけば2月末・・・

今年初めての更新になりました。
ヨタとはあまり関係ないかもの近況です。

最近、燃費トライアルにはまっていまして・・・
トヨタのCMのあれです。

いろんなディーラーにてプリウスでトライしています。

そんな中、近所に驚くべき記録を出している方が・・・96.2km/L!!

もちろん、各ディーラーでコース設定(試乗の距離が違ったり、・・・)や、
試乗できるグレードや選べるモードが違ったり、
交通の混み具合が違ったりするので、記録はまちまちですが、
この記録驚異的でした。
(他のディーラーの燃費ランキングの最高記録は、よくいって30km/Lです。)

この方は、毎週のように休日の朝一で試乗され、
基本EVモードで、回生システムをうまく使われているようです。

このディーラーのコースは、短い距離(他のディーラーでは10キロくらいの
長いコースもありました)となっていて、多少のアップダウンはありますが、
信号をうまくクリアすれば・・・・

今のところ、そのディーラーでの自分の最高記録は37.5km/Lで、
先日3位になりました・・・まだまだですね。
(まだ上に44km/Lの人がいるんです)

ただし、ディーラーによっては16km/Lなんてこともありました。
(以下の条件が悪かったときですが)

自分で思うコツ?

●あらかじめ暖機してもらいハイブリッド用バッテリーを満タンにしてもらっておく。
●エアコンは使わない。
●なるべく回生システムで充電する。
●交通の少ない時間帯にトライ
●急加速、急発進はしないことは当たり前です。
などなど。

でも、燃費という概念がたまに分からなくなってしまいます(笑)

プリウスのシステムは、なかなかのものと感動しますが、
ヨタの燃費は、シンプルな構造でも結構なものでした。

今とは、安全基準やいろいろな環境が異なるので、
ヨタみたいなクルマが現代、登場することは不可能だと思いますが・・・・

っと、無理矢理、しめてみる。

・・そういえば、以前、ハイブリッドヨタがプリウスのCMで使用されていましたね。
posted by アールエス800 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

年末というのに三つ目がとおる?

はやいもので、今年も残すことわずかとなりました。

2009年1月1日のブログで「夢叶うとき。」なんて
年始のあいさつをしていますが、
そこからでも、はや2年・・・何にも進んでいないと反省しかり。

来年は・・・?

そんな年末の寒い中、ヤフオクで季節外れの三つ目のヨタのお化けが・・・
(たぶん真ん中のはエアインテークだと思いますが
 ・・・目玉に見える・・・出品様ごめんなさい。)

有効活用されるといいですね。
posted by アールエス800 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

あけましておめでとうございます。

20090101.jpg
posted by アールエス800 at 13:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

こんなん出るんですね〜?

先月ノスタルジックカー新聞発行のメール記事が届く・・・
その内容に驚く・・・本当かぁ??

http://blog.so-net.ne.jp/nostalgic_car/2007-10-25
(上記ブログでも確認できます。・・・写真はイメージカットと思われますが)

ヨタの未登録車なんて〜のもあったらよいのに・・・
(って、そんなん誰もが欲しいですよね)

ヤフオクではヨタ1号車なんて〜のも出品されていたりして、
正真正銘の・・・なら是非とも復活して欲しいと願うのでした。
(欠品多そうですが・・・次のオーナーさん是非とも!)

自分はというと、ドンガラの室内に中古シートをおき、
はまりにくかったメーターパネルとメーターを無理矢理仮組、
そして座る・・・バーチャルドライブに浸っているのでした・・・

それより手を動かしたら〜?
posted by アールエス800 at 13:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

リンクへ新ブログ追加しました。

〜錆びない思い出〜をリンクに追加しました。

「ガレージ生活」の管理人さんの銀ちゃん(ヨタ)を
レストアされたことでもおなじみです。

只今、謎の燃焼式ヒーターの記事が載っています。

他のリンクもヨタやクルマの情報が盛り沢山!
併せてご覧ください。
posted by アールエス800 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

毎年楽しみなHANDS MESSE!

東急ハンズで毎年この時期に行っているバーゲン。

昨日、行ってきました。さすがにすごい人・人・人。

日常品などチェックしておいたブツを購入し、
いよいよ、工具コーナーへ。

KTCやチラシに載っていない在庫処分品(これがかなり安いのだ)を漁る漁る。

KTCのスパナ(6mm)200円!、他に錆取り用品など買い込みました。

今使っているプロクソンのフライスマシンも
何年か前のHANDSMESSEで購入したもの。
ただ、何年も寝かせたあげく未だにボール盤としての機能しか使いこなせていない。
(もともと本格的な工作は出来ないかもしれませんが、それにしても・・・ね)

卓上旋盤も気になるところでしたが、
フライスマシンの二の舞になりそうですので通り過ぎる・・・

今回はきちんと使うモノしか買っていないよ???
(マイクロメータなんかも欲しかったなぁ。)
posted by アールエス800 at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

DRIVER誌を買わなくっちゃ!

打ち合わせの帰りにコンビニでDRIVER誌をパラパラしていると、
トヨタスポーツ800の記事が・・・

スポーツ800発売当初のドライバーの複写版が
綴じ込み付録でついていました。

現在、シートの張り替えのための資料(膨らみ具合とか説明できるように)を
スキャニングしたりしていまして、
この当時のドライバー誌も苦労の末手に入れたものでしたが、
こんなにカンタンに手に入るとは・・・・

コンビニにはぼろいのが1冊しかなく、早いとこ、手に入れとかなくては。
(最近、近所の本屋さんが潰れてしまって結構面倒なんです。)

これは買いだと思いますので、
次号発売まで(19日まで)に是非!!
posted by アールエス800 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

週末、トヨタ博物館へ行こうと思う。

「クラシックカー・フェスティバル」がトヨタ博物館へ戻って来ました。
(万博の開催にあたり、ここ数年は確か豊田市にて開催されていました。)

資料収集(ヨタ来てるかな?)も兼ねて行こうと思っております。

以前は、各地から集まった旧車がトヨタ博物館をスタートし、
メイン会場である青少年公園へ向かい公園内コースを走行して
公園内に勢揃いというのが、通例であったようですが、
今回はメイン会場がトヨタ博物館となり、モリコロパーク
(旧青少年公園:万博時は長久手会場)をスタートし、
長久手町内をパレードし博物館内へ勢揃いするというスケジュールになったようです。

詳しくは博物館HP(http://www.toyota.co.jp/Museum/data/b01_01.html)を
見ていただければと思います。
また、HPの下の方に駐車場などの情報(当日は博物館には駐車出来ません)を
PDFファイルでダウンロード出来るようになっていますので行かれる方は。

パレードのルートですが、ござらっせ〜のルートはよく通る道ですのでちと説明を。
(上記のHPのコースをあわせて参照してください。)

●ござらっせ
最近、地元農家の作った有機野菜などを売るあぐりん村も併設された地元の温泉。
当日はパレード見物のお客も歓迎のようです。

●熊張真行田交差点
近くに中華料理店「万点」があり、いつも混んでいるので気になっていましたが、
先日行ってみるとなかなか美味でした。

●熊張真行田交差点〜長久手町役場
田舎道ですが、路駐はよろしくないので、
この間にコンビニが2店舗ありまして、買い物メインでちと見物は可能かな?
まぁ、長久手町役場の駐車場を無料開放するようですので、
パレード見物の場合ここに駐車するのが無難です。
また、役場前の交差点角にある鰻屋もおすすめです。

●ヴィレッジバンガード
コースからはずれますが、古戦場南の交差点から
南下するとすぐにある「遊べる本屋さん」ですが、車関係の本もたくさん在庫され、
確か初代カリーナの整備書(復刻版)が在庫処分でかなり安く売っていたはずです。

さて、メイン会場の博物館ですが、駐車場がめんどうだな〜。
ちょっと、距離があるがケッタ(自転車)で行こうか・・・
確かパンクしていたな、花粉アレルギーも気になるし・・・


posted by アールエス800 at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

ちびっこ紳士とトヨタスポーツ800

子供のころ、実家では中日新聞を取っていまして、
当時は佃公彦氏の「ちびっこ紳士」が掲載されていました。

ただ、こどものおつむでは理解できなかったのか、
なんとなく眺めているだけだったような覚えがあります。

その後、「ほのぼの君」シリーズになり、
先日、2007年3月8日の最終回をもって、
中日新聞への連載から降板されることとなりました。

実は、いい大人になった今でもこのマンガの面白みが
あまり、理解できなかった訳でして・・・
(ファンの方すんません)

一時期少しだけ漫画家に興味をいだいていたこともある
自分としては恥ずかしい限りです。

ヨタとは関係ないじゃん・・・と
お思いの方もみえるかも知れませんが・・・

モーターファン1965年6月号の著名人による
トヨタスポーツ800試乗アンケートの特集で、
奥様である佃愛子さんによる試乗記が掲載されています。
(他にVANの創設者石津謙介氏、式場壮吉氏など)

興味深いのは、奥様がパブリカのオーナーであり、
スタンダードをツインキャブ化、高速型カムシャフト、
タコメーター装着、フロアシフト化、マフラー改造など
改造されていて乗られていることでした。

また記事中、ポルシェ、ワーゲン、ロータスエラン、
ヒル・アンド・トウなどという言葉がポンポン
出てきたりするあたり、当時の女性としては
かなりエンスー(まだそんな言葉はなかった?)な
方であったことがうかがえることです。

女性の立場でタウン・ドライブにはどうかという
依頼の要望があったようでしたが・・・

結局、ほぼスポーツ走行を満喫されたようでして
最後の方に「これで、ジムカーナに出たら面白そう」
とまで書かれています。(この方は何者?)

当時、佃公彦氏はオースチン・ミニクーパーSを
所有されていたそうです。

さて、旦那様の話に戻りますが、降板された中日新聞では
現在、過去の傑作選が掲載されています。

もしかしたらヨタやパブリカが登場するような
話を描かれていなかったかと
今になって楽しみにする今日この頃なのでした。
posted by アールエス800 at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

もれなくDVDが付いています!

偶数月末恒例のオールドタイマーを買いに行くと・・・

子供の頃、楽しみにしていた付録付きの雑誌のように積まれていました。

付録は八武崎名人のアマチュア向け板金テクニックの収録されたDVD。
八武崎さんといえば、OT誌を読んでいる方ならご存知かと思いますが、
最近ではトヨタ2000GTのレストアの連載でお馴染みの板金屋さんです。
http://www.yaboo.co.jp/top.htm

発売版の前宣伝も兼ねての付録のようでしたが、
恥ずかしながら、プロの板金作業をあまり見たことがない自分にとっては、
なかなか見応えのある内容でした。

といっても、あくまでもプライベーター向けのやり方でして、
決して、仕事として受けた場合はこのようなやり方はされないようです。
(念のため)

それでも、結構面倒な作業だと思われ、まともに板金作業をプロに依頼すれば、
それなりの金額がかかるのには納得です。

尚、発売版ではプロトしての板金作業が収録されているようで楽しみです。


【お知らせ】
最近、適当な内容の記事ばかりですが、ヨタ関連の内容に関しては
もうしばらくお待ちください。
(仕事でふらふらで、なかなか落ち着いて記事が書けませんです。)
posted by アールエス800 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

祝!driver誌 創刊1000号

仕事でバタバタしていまして、
お久しぶりのブログです。

合間を縫って本屋に行くと
driver誌が創刊1000号だそうで、
店頭に並んでいました。

八重洲出版というと最近では旧車好きには
オールドタイマー誌の方が馴染み深いとは思いますが、
driver誌は40年以上にも渡り出版され続けている
ことには、頭が下がります。

とじ込み付録として「創刊号」の復刻版が
ついていたので、すかさず購入しました。

この「創刊号」の読みどころは、
浜素紀氏と浮谷東次郎氏などによる
コンパーノ試乗レポートと、
ホンダS600試乗会などでしょうか。

付録中、ドライバー62項の「不凍液のぬき方」に
使用されている写真にちらりと写るモーター
(指している手の手首の下方)が
1/24のブログで「【A】パブリカ・スポーツ
同型タイプ」と紹介したウオッシャータンクと
同型と思われます。

さて、この車輌がすぐにピンと来る方はかなりの
旧車マニアかと思われますが、
この付録を見ていれば全身の写真が採用されて
いますので車種を特定することは出来ます。
(グリルの形状を記憶して他の頁を見てください。)

興味のある方は是非、ご購入の上、ご確認ください。
posted by アールエス800 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

辛れ〜なる一族

昨日、録画しておいた「華麗なる一族」の第1話を見ました。
(最近あまり連続ドラマを観ないので、最後まで観れるかな?)

前知識の全くないままでした。

舞台が昭和40年代でして、キムタコが製鉄会社のお偉いさんで、
トヨペットクラウンを運転する姿がふんだんに登場し、
当時の乗用車と思わしきクルマが多数登場と興味のそそる内容でした。
(輸入車が多いのですが・・・)

話の流れより、クルマや建造物ばかり見ていた気がします。
市電が走る風景はセット?とか、これは明治村なのかな?とか・・・

それにしても、第1話の最後、将軍(先代のじいさんしか呼ぶことの出来なかった
池の鯉)をキムタコが呼んでしまうくだり(おやじがしかけたチェックテスト)には
ずっこけました。

誰かトヨタスポーツ800にでも乗って登場してくれないかな・・・
お金持ちの話だから、どちらかといえば、そこは2000GTか?


【追記】
番組のHPを見てきました。
市電が走る風景はセット?→上海の撮影所を神戸風に模様替えしたらしい。
(行き交うクルマに輸入車が多かったのはそのためか?)

気になったのは、そのシーンのクラウンと日本で撮影されたと
思われるシーンのクラウンが異なっているような???
(まぁ、何台も同じクルマを持っていたとの設定も考えられるが)

後で再度見てみよう。
posted by アールエス800 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

最近、なんだかノスヒロがおもしろい?

今回のノスヒロの表紙を見て驚きました。

11/2の記事にて紹介していた「ダイハツスポーツ」ではないですか。
http://pdamodel.seesaa.net/article/26604323.html

そこで紹介した通り「日本のショーカー」(別冊CG)の記事に
「クーペが近年発見されダイハツが買い戻した」とあったその現車だそうで、
ノスヒロの記事では、つい最近になって、イギリスのコレクターが放出→
クラシックカーのオークションに出品→ダイハツが落札とあります。

自分の記憶が正しければ、雑誌の個人売買欄で見たのが10年ほど前の
カーマガジン誌かOT誌(たしか前者だったと・・・)だったと思います。

当時は200万円(記憶が確かなら)ほどだったような・・・
その時に売れなかったのか??まぁ、それ以前にノスヒロの車輌と同一だったかは
不明ですが、こんなショーカーが40年の時を超えて日本に戻ってきたことは
素晴らしいことだと思います。

※ヴィニャーレで製作→トリノショーに出品なので、
 正確には一度も日本の地を踏んでいないのかもしれません。
(こういったショーカーまでも、個人のコレクションになったりすることが、
 珍しくない海外に有ったのが幸運にも今まで生存出来た
 理由なのかもしれません。)

ありふれた日産旧車の記事も発行部数確保のため仕方がないのかもしれませんが、
こんなレアーな車種の記事も今後も期待します。
(OT誌のS500試作車発掘などの記事に触発されているような気はしますが・・・
 そのOT誌も今回も自家製ゴム部品の記事など面白かったです。)

また、トヨタスポーツ800に関するショーカーや試作車などの
発掘はないものか、是非調査を!!
posted by アールエス800 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

2006年11月23日

淡路島に生息する2U

このブログ(seesaa)には、アクセス解析機能が付いていることは、
以前にもお話ししましたが、どんな検索でお越しになったのかも
ある程度分かるようになっています。

以前タイトルに使用した「こんなん出ましたけど〜。」で検索され
お越しになった方が、泉アツノさんの情報は皆無なことに落胆されているのではと、
いつも申し訳なく思っています。

その中で本日Live サーチにて「UP20型 パブリカ」の検索で
当ブログがヒットしたようでした。

早速Live サーチの他の検索結果を見てみると何やら興味深そうなサイトを発見。

「caf44.4」???

何だこの記号は?・・・アクセスしてみる・・・
http://www.page.sannet.ne.jp/tkn203/caf444.htm

何だこの車輌は?
しかし、何やら見たことがある部品達がいっぱい・・・

剥き出しのエンジンは2U(-B型?)そして、
ヘッドランプ、ウインカーもパブリカの物。
一体何なんだ?このサイトは?

目次へ行ってみる・・・
http://www.page.sannet.ne.jp/tkn203/index.htm

サイトのタイトルが「淡路島農民車考」

「本HPは、淡路島でも特異な存在である車・『農民車』を
 写真で紹介していくページである。」

とあります。

「農民車とは・・・」から読み進めていきます。

無茶面白い・・・・これは是非お読ください!(最近のマイヒットです。)

次に「農民車の形式と分類法」があり、
上記の記号の意味が分かることとなりました。
(注)あくまでもサイトの筆者が分類上個人的に定めた記号です。

検索ではcaf44.4でしたが、正式(個人的な記号ですが)には「CAF4×4」。

乗用車用エンジン・空冷・前部配置・4輪×駆動軸数

を意味するそうです。
(ですので2U以外のエンジン搭載車も多数存在するわけでして)

駆動軸数4ってことは四駆?????

二駆仕様のCAF4×2もあることなどからどうも本当のようで・・・
このシステムを応用してヨタやパブリカの四駆仕様が出来る!?
(乗用車としての強度は全然ないような気がしますが・・・)

平成4年製造の農民車にも2Uシリーズが採用された車輌があるなんて、
淡路島の人達(鉄工所のおいちゃん達が造っていた?・・・失礼)の
バイタリティ、リサイクル精神には関心させられるものがあります。

今もなお、淡路島で元気に働く2Uエンジンたち(廃車もかなりありそう)・・・
2Uシリーズの耐久性をも証明しているのでしょうか?
淡路島は日本中で一番2U密度が濃い地域なのかもしれません。
(乗用車のように高速で動かすわけでもなく、
 エンジンにもあまり負荷がかからないからなのでしょうか?)


※タイトルや文中で2Uとしましたが、ヨタのエンジンが使用されていたとは
 考えられず、基本的にパブリカやミニエースの車輌の部品がリサイクル?
 されていたと考えられます。
 (ですので正確には2U-B、2U-C、はたまたU型もあったのか?)

※分類名CAM42という農民車がありますが、エンジンの上に座ると思われる
 その形式は、ミニエースを改造した車輌なのでしょうか?
posted by アールエス800 at 00:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

もういくつ寝ると・・・

完成のはずであった。
このブログの書き出しを改めて読む限りでは・・・
http://pdamodel.seesaa.net/article/17268463.html

たまに知り合いから「どう?」と聞かれます。

「停滞しています。」と正直に答えるようにしています。
(開き直っているなぁ)

実際にどうかという話をちょっと、ここで。

取り付けた部品は、新品などのそのまま取付できる部品が中心ですので、
限られていまして、かれこれ3ヵ月ほどはなにも進展がありません。

再生部品などは、まだまだ、これからという感じです。

足回り、ミッション、エンジンに関しては、
業者さんに頼む予定で、部品の整理が出来次第、
発注する予定ですが、ある程度目途はついてきました。
(えへへっ、ほとんど外注頼みです。
 まぁ、子供の宿題を親に手伝ってもらうみたいな・・・)

あぁ、まだシートをどうするかということもありますわ。

先週、ミッションの整理をしていまして、この車輌に付いていたミッション
(分解していないのでヨタのものかパブリカのものかは未確認です。
 ミニエースと思われるエンジンからするとミッションはパブリカ用かな?)を
エンジンから切り離して洗浄しました。

業者さんからはそのままでもよいと言われていたんですが、
あまりにも油や泥がこびりついていまして・・・
それにしてもこういった洗浄作業というのは大変なものですね。
掃除のきらいな自分にとっては苦痛この上ない作業です。
ただ、作業をやり始めると子供みたいにのめり込むのですが・・・

これと一緒に予備のミッションも持ち込もうと思っています。
これは、自分が一番はじめに購入したヨタに付いていたもので
何年か前に壊れたものです。

こちらを分解してみるとパブリカの物でして、ミッションケースの中で、
シンクロメッシュ用のキーが粉々になっていました。

破片の1つはシフトフォークに噛んでしまってフォークが動きません。
なぜ、こんな部品が破損するのかは不明です。
(下手な運転が原因なのでしょうか?)

もちろん、後期型の全速シンクロタイプで組みます。
(やはり前記型の低速ノンシンクロは運転しにくいのかなぁ?
 運転にあまり自信のない自分は、ここも前期仕様に拘りません。
 部品もないですし・・・)

内部ギアなどの部品は当初修復予定だった車輌を購入時に、
前オーナーさんから分けていただいておりまして、
ギア類に関してはほぼ揃っていました。
ホントに感謝感謝です。
(当初修復予定のヨタはどうすんの?・・・ごめんなさい。いつかいつの日か・・・)

こんな具合で牛歩のごとくぼちぼち進んで?おります。
そして新たな完成の目標は?・・・1年後を目指します。
(えらい先延ばしにしたなぁ)

適当に洗浄したミッションもすぐに白い粉(アルミ部分)を
吹いてきていることですし、急がなくてはなりませぬ。
posted by アールエス800 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

御礼!「アクセス10,000件達成」

アクセスカウンターを設置して約5ヵ月で、
アクセスも10,000件超となりました。

毎度、ご覧いただいている方々、
また、検索で訪問していただいている方々に
いつも感謝しております。

今後も、かなりずれ込んでいるトヨタスポーツ800の
完成に向けてがんばりますので、応援よろしくお願いいたします。

明朝、更新する予定の記事に現時点の進行状況をお伝えします。

アクセス30,000件くらいには完成できるかなぁ〜?
その暁にはプレゼント大会でも開催するかも?
乞う小期待ください!?

・・・とうとう、物でアクセス伸ばそうとしてきたよ・・・でも本当か?

(当ブログは今のところアクセス件数に関わらず、
 当方には一切利益はもたらすようになっておりませんのでご了承ください。)
posted by アールエス800 at 18:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

ヨタが2台は買えちゃうね。

タンクの話は、まだまだ続きますが、その前にちょっと一休み。
(周辺車種まで調べていると深いんで、結構疲れます・・・ホントは仕事疲れ)

============フォード コルティナ豆知識=============


cortinafrt.jpg   cortinacg.jpg



当時の車雑誌(1965年5月)の広告を見てみると
「フォード コルチナ」と書かれていました。

【販売価格】
 ■コルチナ スーパー ¥1,275,000ヨリ
 ■コルチナ GT ¥1,425,000ヨリ
 ■コルチナ ロータス ¥2,140,000

なななんと、ヨタが2〜3.6台も買えた!!
※同じ時期では初代シルビア(CSP311)が120万円でした。

※コルチナ ロータスは販売が同じに行われていたんですね。
 今では、そのコルチナ ロータスが有名です。
(イスズ ジェミニ ハンドリング バイロータスみたいな扱いだったんでしょうか?)

でも、そんなことより一つの気になる点が・・・
広告の説明では「改良されたウィンドウ ウオッシャー」とあります。
まさか、日本に輸入した後、販売代理店でウオッシャータンクを
日本製(電装製)に交換したということも考えられるかもしれません。
(後に書きますが、後期タイプは他の国産車にも採用されていたようなのです。)

コルティナの顔を見て何かに似ていると・・・

UP20パブリカのデザイン変更時に別案としてあった
マスクがこんな感じでした。(写真参照)
採用されたデザインもそうですが、車格を上げるため、幅広く見えるように
口を左右いっぱいに広げ、ウインカーなども大きくしていることが興味深いです。
(この案では特徴だった後部フェンダーラインが一般的な造形になっています。
 マスクは初期のビアンキにも似てなくもないですね。ビアンキはもっと後ですが)



pub1028.jpg



======================================

さて、関東方面に引き取られたフォード コルティナ
(写真は引き取られる前の状態)ですが、
当初書類なしでしたが、元々の所有者がはっきりしていたこともあり、
無事に車検が通せることを以前うかがいました。
もう、10年近くも経っていますので、
どこかで元気に復帰していることでしょう。
(他にもマセラティ インディーもあったなぁ)



※写真をクリックすると拡大出来ます。
posted by アールエス800 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

1日はちょいわくDAY。

毎月1日はクルマ関連の雑誌が少々出るので、ちょい待ち遠しい・・・

CGも出てるし・・・

ノスヒロは奇数月の1日発売ですので、
用事を済ませた後に買いに走りました。
(内容はともかく通例になってしまっています。)

まんねりも毎度の感じは相変わらずで日産車の記事が多いですが、
(日産車を記事にすれば、売れるんでしょうね。きっと。)
ハタチの娘さんのエスハチへのひたむきさには胸を打たれるものがありました。

シジューカタのおじさんも早く復帰してヨタと走らねば・・・
(自分のヨタに乗れなくなってもう、10ヵ月になります。
 少し前、よく整備されたヨタを運転する機会があったんですが、
 やっぱりいいですね〜。
 思えば、人のヨタに乗ったのは初めてでした。
 ○○さんありがとうございました。)

他に以前から気になっていた「日本のショーカー」(別冊CG)が
書店に並んでいたので、すかさず購入。

そのタイトル通り1954〜1969年のモーターショーに出展された
日本のショーカーをまとめた内容です。

市販されなかったショーカーで興味のあるのは「プリンス1900スプリント」、
「ダイハツスポーツ」などです。

いずれも、もし発売されていたらヨタと迷ったかもしれません。(えっ?)

たしか「ダイハツスポーツ」だったと思いますが、
何年か前に雑誌の個人売買で売りに出ていたと記憶します。
(確か海外に渡った車輌のようでした)
こんなショーカーが残っているのに驚きでしたが、
その後雑誌などの取材もなかったようです。
(かなり面白いと思うのですが・・・)

※追記:記事に「クーペが近年発見されダイハツが買い戻した」とありました。
 1963年のトリノ・ショーに出品された「ダイハツスポーツ」の
 オリジナルモデル(ファストバック)のようですが・・・
 めでたし、めでたし!(発見というより個人売買されていたじゃん)

さて、ヨタの関連としては下記の記事がありました。
1962年 第9回 全日本自動車ショー出展「パブリカスポーツ」(スライドドア)
1964年 第12回 東京モーターショー出展「パブリカスポーツ」

1964年の出品車(翌年の発売を前に展示)はカラー写真も掲載され、
ご存知のように生産車とは、若干の違いがあることがよく確認でき、
資料としても参考になります。
(もっとこういった写真をたくさん掲載して欲しかったのですが)

只今、話題にしています「ウオッシャータンク」も11/1のブログのものとは
異なるモーター部分が若干長いタイプが装着されています。
このことは、「真・あらいぐまタスカル」の話の中でお話します。

ご興味のある方は二玄社刊「日本のショーカー」を是非お買い求めください。
(営業の○○さ〜ん、宣伝料くださ〜い!まだおみえかな?)
posted by アールエス800 at 00:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

クリック御礼

いつもご覧いただきありがとうございます。

当ブログは「人気blogランキング」に登録しています。

登録した当初はランキングを気にしていましたが、
基本的に気に入った方は、人気blogランキングへ飛んでいただき、
それにより票が入り順位が決まるというシステムらしいのですが、
記事毎に「順位が落ちたから入れて〜」なんてのを見ると、
なんだか、このシステム自体に違和感があり、
やめようかと思っていましたが、アクセス解析を見ていたところ、
人気blogランキングから飛んできた方がおみえになるじゃぁありませんか?

確認してみると只今200位代、自己満足のランキングだと思いつつ、
順位が上がっていることは悪くはありません。
また、ボタンをクリックしていただいている方がいることを知り、
感謝の気持ちでいっぱいです。

ただ、コメントも少ないので、実は記事に対してどんな反応があるのか分からず、
多少気になっていたりしています。
これからもひっそりと参加させていただき、特に無理強いはしませんので、
記事が気に入っていただけましたら、お気に入りリンク内にある
「車に関する人気blogランキング」をクリックしてあげてください。
(本当に気が向いたらでよいですよ〜。
 まぁ自分独自の一つの記事に対するバロメータにでもしようかと思います。)

また、お気に入りリンク内のその他のHPも楽しい記事が満載ですので、
是非、お読みいただければと思います。

これからも、どうでもいいような細かいネタの数々の記事は
変わらないと思いますが・・・


rkun1008.jpg
posted by アールエス800 at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。