トヨタスポーツ800をつくろう!

2006年11月16日

エンジンに浮き出る15の謎。

1号車に搭載していたエンジンが高速道路でお釈迦になり、
惰性で高速から脱出したのは数年前のこと・・・

※出口に料金所がなかったこととそこから合流する一般道が待避出来る場所まで、
 辛うじて下り坂になっていたことが不幸中の幸いでした。
 (高速では待避できる部分がなかったため助かりました。)

今回はケースなどに問題がなければそのエンジンをベースにしようと
考えていますが、以前より気になっていたのは、
クランクケースのブロック品番末尾にある「15」の数字でした。(写真左参照)

ちなみに発売当初の新型解説書では「“2U”のテーキン打刻」とあり、
2Uエンジンの初期(時期不明)では、写真の「15」の位置あたりに
“2U”の打刻があったようです。

当時はUP10型パブリカのエンジンであるU、U-B型との識別のための
「“2U”のテーキン打刻」だったようです。

※新型解説書は「トヨタ サービスマニュアル CDライブラリー スポーツ800」にも
 掲載されております。各トヨタディーラーのサービス部、
 または下記オーナーズクラブHPのTSOC パーツデポなどでご購入出来、
 情報の豊富さを考えると大変お値打ちになっております。(広告的だなぁ)
 http://tsoc.web.fc2.com/partsdepot.htm



DSC1159.jpg   DSC1164.jpg



ここで、話題にしたいのは「15」の数字。
「15」といえば「UP15」の数字であることが想像できるのですが・・・
原動機番号は「2U472212」。(オルタネータに変更後のエンジン)

ここでも疑問が一つ。
このあたりのエンジン番号になるとベンチレーションチューブが、
カマボコ付きのタイプになっているはずなのですが・・・

このエンジンにはUP20パブリカのものが付いています。(写真参照)

※初期のヨタにはUP10と同じチューブの細いタイプが採用されていました。
 また、カマボコ付きタイプも2種類は存在するようです。
 (途中、下部のオイルリターンパイプの接続部がネジタイプもありました。)



DSC1160.jpg



ただ、油温計は本来あるべき所(ミニエースの登場まではこの位置)に
付いていまして・・・
(後から加工された可能性もありますが)

しかし、先日、このエンジンより70000ほど若いパブリカのエンジン
(2U40□□□□)を見る機会がありました。
そのエンジンのクランクケースには「11」。

もしかすると、もしかしてミニエースが登場するまではクランクケースに、
何かの理由で11、12、13、14、15と番号が鋳られていたのでしょうか?
(もし、10000毎に番号がふられたとすると・・・合いませんね。)

※ちなみに、2U492707よりパブリカもトヨタスポーツ800も
 クランクケースの品番は変更します。
 ミニエースの登場に合わせた変更だと思いますが、
 これ以降この場所はミニエース用のブラケット取付位置となり
 このような番号は付かなくなりました。

浮谷東次郎氏のワークスマシンに搭載されているエンジンは
2U339603ということですがどうなっているのでしょうか?
(注)現存する車輌はレプリカですので、エンジンも当時のものではありません。

先の新型解説書では原動機番号の打刻始番号が2U10001
(打刻年月日:昭和40年2月10日)〜とありますが、
1966年7月発行のパーツリストではすでに
350000番台の2U型エンジン内部部品の品番変更の記載があります。
となると、同年4月から発売されたUP20パブリカも含めて
800ccエンジン(2Uおよび2U-Bも含めて)が世に出て、
1年半に満たない間に30万機以上のエンジンが造られたことになってしまいます。

ですから、新型解説書の数字は700ccであるU型エンジンの
打刻開始番号の間違いではないかと自分は思っているのですが・・・
(ましてやUP20登場までの約1年近くはトヨタスポーツ800専用としての
 エンジンだったわけですので、数千機しか製造されていなかったはずで・・・)

だんだん収拾がつかなくなってきましたので、
エンジンの色々な変更に関しては分かる範囲で
いずれ一覧表にでもまとめてみようかと思います。

そんなことより、ヨタを完成することが先ですね。


(参考)UP10パブリカが32馬力に出力アップしたのは1964年の秋で
    エンジン番号U184170以降とありました。



※写真をクリックすると拡大出来ます。
posted by アールエス800 at 00:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 資料/ENGINE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。