トヨタスポーツ800をつくろう!

2007年07月19日

こんなボロでもアルマイト出来ますか?

メーターパネルやインナークオータパネルなどアルマイト加工が
施されている部品であっても、40年以上も経つとキズや
鉄と接触している部分から腐食が始まってしまっています。

よく「ネジをステンレスに変えたからもう錆びないよ。」なんて耳にしますが、
変えたネジは錆びなくとも鉄製ボディが錆びてしまったりすることがあります。

例えばアルミに接触している鉄部品やフロントピラーのステンレスのモールを
留めるネジ部や三角窓のステンレスに溶接してある鉄部分
(ドア内部に隠れていますので普通は見えません)
こういった異金属の接触している部分は腐食しやすいので要注意です。

さて、メーターパネルとインナークオータパネルを持って
アルマイト加工のことについて伺ってきました。

訪ねた会社は金山(かなやま)にあるベリテック三協株式会社という
クロムメッキやアルマイト加工を請け負う会社です。
http://www.beliteq.co.jp/pc/index.html

事業内容から、大手メーカーの仕事をされているようでしたので、
果たして個人の発注を引き受けてくれるか心配でしたが、
HPを立ち上げてから個人の仕事も引き受けているとのことで安心しました。

聞いてきたアルマイト加工の注意点など以下の通りです。

■塗装、接着剤、汚れなどは確実に剥がしておく。
 (剥がしていないと・・・アルマイト剥がしがきれいに出来ない→
  きれいにアルマイト出来ない)
■腐食が進んでいる部分は穴があく場合があるので注意。
 (薄いモノだと貫通する場合もあるそうです。)
■アルマイト剥がしおよびバフがけ、ヘアライン仕上げなどは依頼出来る。
 (板金はこちらでやっておく必要はあります。)
■深いキズはバフがけなどで取るため、例えばメーターパネルの場合、
 凸凹のパターンが薄くなる場合があり、加工時間が増えれば
 料金が高くなる場合がある。(あまり深いキズは取れない場合があります。)
■アルミの材質、またメーカーの使用する液により仕上がりの色が若干異なる。
 (以前、当ブログで無色の場合、アルミの地の色と書きましたが
  少し色が付くようです。クリアには違いないかと思います。)

ベースの状態が仕上がりを左右することは理解しておいた方がよいようです。

ということで、クオータパネル裏のウエザーストリップを剥がしていたんですが、
またまた不得意のボンド剥がしに苦戦。
(ちなみにガチガチに硬化したゴムは熱を加えると軟化します。)

でも少し凹んだ部分は指や柔らかい樹脂などで気をつけながら
(凹み具合を光にかざしたり指の感触で確認したり)押したりすると
クオータパネルくらいの薄さなら結構うまい具合に目立たなくできるもんですね。
複雑な凹みは難しいとは思いますが・・・

ちなみに、ベリテック三協さんではクロムメッキの場合、
巣穴がなくなるまで【下処理の銅メッキ→研磨】を繰り返し行ってくれるそうです。
(ただし、行程が増えればその分料金も増します。)

こちらも、仕上がりなど報告していきたいと思います。
posted by アールエス800 at 01:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 資料/BODY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

3月23日は何の日?

まず、前回のシートの件ですが、電話で確認。

内装屋さんはきちんと把握してくれていたようで、一安心。
心配していた部分も常識的なことだったようで、
自分の知識のなさが変な心配を招いてしまったようです。

フレーム自体はこちらできれいにして張り替えをしてもらう段取りなので、
丸裸にしてみました。



DSC01349**.jpg   DSC01350**.jpg



左右の違いが分かりますか?

左が、修復中の車輌(200番台)に着いていたシートで、
右が後期型パターンの表皮が着いていたシートです。

○内のシートスライド用ハンドルの固定方法が
前者がアルミのリベットで4箇所かしめてあり、
後者はスクリュで2箇所固定する方法となっています。

パーツリストで見る限りでは、40年版〜43年版(鉄フレーム)のいずれも
後者と同じような2箇所をスクリュで固定する方法でした。
以前より前者の固定方法は疑問に思っていた部分でもありました。

そして、表皮を剥いでみると、前者のフレームの上部に興味深い検印が・・・

その検印から40年3月23日に検査されたことが分かります。
ただし、トヨタスポーツ800は40年4月1日に発売されています。

この車輌は200番台ということもあり、かなり初期に世に出たと思われますが、
このシートが当時からこの車輌に着いていたことを前提に考えると、
シートというものは検査後、短期間で車輌に装着されディーラーなどへ渡ったのか、
それとも、発売直後は100台くらいしか世の中に出ていなかったのか?
などと、いろいろ思いを巡らしました。

ただ確かなことはかなり初期のシートにはパーツリストとは異なった
固定方法がとられていたことは事実のようです。

さて、きれいにすると言っても塗料はがしなど塗ったり、
ヒートガンで熱を加えてみてもなかなかボンドが取れず、
またサンダーで錆やキズを取っても
1日ではきれいにすることは出来ませんでした。

こういった作業は苦手です。腰が痛くなるし。

posted by アールエス800 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料/BODY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

ウエルダー加工と台風の行方。

トヨタスポーツ800の初期型シートの特徴は
下の写真のようなシートパターン+アルミフレームです。

その後、アルミのフレームに後期型パターンへの変更、
そしてフレームが鉄製となり、最終型になるとヘッドレストが装着されるわけです。

台風が接近する中(最接近は明日ですが)シートなどの内装パーツの
依頼の打ち合わせに行って来ました。

当時の雑誌やカタログをスキャニング、まとめた資料、
前期型のシート(残念ながら座面は一度洗濯したためもあり
ぼろぼろです)と後期型の比較的へたっていないものなど、
自分としては万全の準備をしていったつもりでした。

ウエルダー加工が出来ることを前提に内装屋さんを探していたこともあり、
言うまでもなく今回の発注のこだわりの一つがこのウエルダー加工でした。
(強度的にはやぶれやすくなるかもしれないとのことです。)

初期型では写真の部分にその加工がされていると思われますが、
ウエルダー加工部が凹になり、その間は膨らんでいるということを、
当時のフォルムを保っている後期型シートをもとに説明したのですが、
今回の補修のベースにしてもらう初期型シートがへたりきってしまって、
全体がフラットな感じになってしまっていることもあり、
なかなかうまく話が伝わっていないように思われました。
(スポンジの張り方は座面に関しては初期型とその後の型では、
 かなり異なるようなのですが。)

ここでもまた人に依頼することの難しさを知ったのでした。

自分にいろんな知識や技術があり、時間もあり、やる気力もあれば、
すべてを自分でやれればどんなに楽か(実際には大変なことと思いつつ)と
思ったりもしますが、残念ながら一つも今の自分には備わっていません。

打ち合わせ時に気になっていた、自分のヨタのシートのイメージが
「思っているよりは立体的」に反して内装屋さんの「思っているよりは平面的」
というのも、その基準となるイメージがもともとずれていたのかもしれません。

いろいろ教えていただけたりと良心的ではあると思いますし、
もしかして、自分のイメージが一応伝わったのかもしれませんが、
ウエルダー加工を外注に出される前に再度説明をしに行こうと思っています。
(直接打ち合わせ出来る距離にあることはよかったです。)

まぁ、クルマが完成した暁に思っていたところの70%くらいの出来であれば
よしとすべしと思っている最近です。

(そのくらいの妥協が必要ですね。・・・早く乗りたいですし。)

さて今回の行方はどうなることやら。完成をお楽しみに。



070715.jpg
posted by アールエス800 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料/BODY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

DRIVER誌を買わなくっちゃ!

打ち合わせの帰りにコンビニでDRIVER誌をパラパラしていると、
トヨタスポーツ800の記事が・・・

スポーツ800発売当初のドライバーの複写版が
綴じ込み付録でついていました。

現在、シートの張り替えのための資料(膨らみ具合とか説明できるように)を
スキャニングしたりしていまして、
この当時のドライバー誌も苦労の末手に入れたものでしたが、
こんなにカンタンに手に入るとは・・・・

コンビニにはぼろいのが1冊しかなく、早いとこ、手に入れとかなくては。
(最近、近所の本屋さんが潰れてしまって結構面倒なんです。)

これは買いだと思いますので、
次号発売まで(19日まで)に是非!!
posted by アールエス800 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

メーターパネルとバンパーと弁当箱

子供の頃、よく家族で山へドライブに行きましたが、
山道のドライブなんていつも恐怖のかたまりで、
コーナーを曲がる度、後部座席にいた自分はいつも前席に
しがみついて落ちないようにと必死になっていたっけ・・・

そして、大人になっても山道だけは絶対走るまいと誓っていたのですが・・・
(特に父がスピードを出していた訳でもなく、幼少のころは怖がりだったのです。)

そんな家族のちょとしたドライブなどには水筒と弁当を持って出かけました。
アルマイトのかかったアルミの弁当箱なんて懐かしく思います。

さて、トヨタスポーツ800にはアルミパーツがたくさん使用されていますが、
その中にはアルマイトをかけ腐食しにくくしたのものもあります。

アルマイトについて調べていたところ、以下のようなサイトがありました。

http://sos.cocolog-nifty.com/tokin/cat5272671/index.html
http://sos.sanwa-p.co.jp/mekki/
http://www.sanwa-p.co.jp/mekki/index.asp

アルマイトについての詳しくは上記HPを見ていただくとして、
ここで勉強になったこととして・・・(上記HPより引用)

●アルマイトは着色をしない限り無色透明な皮膜
 (アルマイトの色と思われがちなシルバー色は下地のアルミニウムの色)

●アルマイト皮膜は絶縁性を持つため電気を流さない。
 (アルミニウム自体は電気を流すため、
  アルマイトされているかどうかを外観で判別できない場合、
  テスターを当ててみることによって判断可能。)

ということで、今までアルマイトがかけてあるのか
不明だったパーツを調べてみることにしました。
(以下○印はアルマイト加工、×印はアルミ地のまま)

まず手始めに確信があったパーツより

■前期のメーターパネル→○

■前期のバンパー→○
 ※ただし補給品のバンパー内側に導通するものがありました。
  アルマイトが剥がれているのでしょうか?
  (当時の取り外し品は内側もアルマイトがかかっていました。)

■サイドシルプロテクタプレート→○および×
 ※修復中の車両についていたプレート(下記ページ参照)は○
  http://pdamodel.seesaa.net/article/22501376.html
  しかし、44式のプレートは×でした。
  年数が経っていますのでアルマイトが剥がれているのかもしれません。

■インナークオータパネル→○

■前期シートのフレーム→×
 ※只今シート張り替えの依頼の準備をしていまして、
  今までずっとフレームには(あまり腐食しているものを見たことが
  なかったことので)アルマイト加工がしてあるものだと思っており、
  こんなでかいものを加工するとなると結構な料金になるのかなと
  気になっていましたが・・・

■エンジン、ミッションの各パーツ→×
 ※念のためのチェックです。

メーターパネルやバンパーが昔の弁当箱の色に見えてきました。

皆さんもテスターでチェックしてみては?
もし、上記と異なる結果が出た場合、是非お教えください。

(注)導通した部品でもかなり年数が経っていますのでアルマイトが
   剥がれているものもあったかもしれません。
   アルマイトがかかっている部品でもキズがついている
   (アルマイトが剥がれている)部分に当ててみると
   当然ですが導通しました。
posted by アールエス800 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料/BODY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

ミッション004「緊急指令!向きが合っているか調査せよ!」

相変わらず、なかなか作業は進んでいませんが、
装着したゴム部品に先日ヒビが入ってきているのを発見。

もう供給不可となっているゴムだけに、ショックを隠せません。
このままでは・・・完成まで大丈夫でしょうか?

話題の主は「華麗なるカバーの留め方【第1話】あまり役に立たない豆知識?」の
左の修復中の写真、ブレーキマスターシリンダーのカップのすぐ右に見えるゴム
シールクラッチペダルオープニング(品番55255-10010)です。

記事へ直行→http://pdamodel.seesaa.net/article/36391094.html
写真へ直行→http://pdamodel.up.seesaa.net/image/DSC01272*.jpg

ちなみにこの部品は40年版のパーツリスト他に基づいて取り付けました。

しかし、一般的に出回っている43年7月発行のパーツリストでは、
向きが逆(ゴムのでっぱりを車内側に向ける)になっているんです。

UP10パーツリストやそれ以前のヨタのリストのイラストおよび、
修理書のイラストはすべて写真の通りの向き
(たぶん使い回しのためだと思います)なのです。

イラストの場合、一部ですが間違っていたり、
UP10からずっと使い回しされていて細部が実際と異なることもあるわけで、
当時のエンジンルームが写っている写真を雑誌や資料をいろいろ調べてみましたが、
結局肝心な部分がいまいちはっきりせず、調査は持ち越しとなりました。

ちなみにこのゴムを固定するブラケットの四角い穴にピッタリと収まるように
ゴムの出っ張り側に四角い型があったりしますので、
この取り付け方法が間違っているとも思えません。
(ボディの四角い穴にもピッタリなんですけど)

クラッチペダルを装着していない状態であったとしても
クラックが入ってきてしまったことを考えると、
43年版パーツリストのような向きにするのが無難かもしれません。

【仮説1】UP10当初からイラストが間違っている。
【仮説2】ある時(43のマイナーチェンジ?)から向きが逆になった。

ただ、一度嵌めてしまったゴムを外すのも被害を拡大してしまいそうで、
今一度きちんと調べた上で判断しようと思っているのです。

「ボス!今回は(も?)解決できません!お時間をください!!」
posted by アールエス800 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料/CHASSIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

ミッション003「リテーナから識別せよ!」

トヨタスポーツ800には、アルミ素材が多用されています。
後期になるにしたがい、強度的な問題か、材料費削減のためかは分かりませんが、
アルミから鉄に変更になっている部品がいくつか出てきます。
その中でも、大きな部品の代表がシートのフレームでしょう。

いつも不思議なのは、補強が増えたり、防音対策がなされたりして
車両重量がどんどん増加していると思えるのですが、
カタログ数値は一般的に580kgのままです。
どこかでつじつまを合わせているのか、登録上増加していても
そのままの重量でかまわなかったのかは不明です。

これからも、こんな部品を紹介したいと思いますが、
今回はミッションに使用されている部品にも
素材変更されている部品がありましたのでご紹介します。
(前回の予告から内容変更しております。)

タイトルにもあるようにエンジンとドッキングする側(ミッション前部)にある
リテーナ・ベアリングフロントを各種ミッションから取り外すときに
あきらかに重量が異なっていることに気づきました。

写真の左からパブリカ用旧MT、ヨタ用旧MT、
パブリカおよびヨタ用新MT(今回のサンプルはヨタから)です。

旧MTにはアルミ素材が使用され、新MTは鉄製となっています。
パブリカの旧MTには、パーツリストや修理書からも分かるように
オイルシールが使用されていませんでした。
そのことは、外からでもでっぱり(写真○内)がないことから判断できます。
(※右2つの重量にはオイルシールも含まれます。)



DSC1316*.jpg



新旧ではオイルシールの品番が異なります。
また新MT用のみオイルシールが含まれるアッセンブリー品番となっておりますが、
すべてにおいて互換性はあるようです。(一応装着は出来てしまうという意味。)



DSC1318*.jpg



以上のことから、旧MT限定の話になりますが、ヨタから降ろしたMTに
旧MTパブリカ用のリテーナが使用されていれば、
パブリカ用をそのまま移植した可能性が大きくなります。

ただ、40年も経っているMTを一度もオーバーホールしていないことは
考えにくく、トヨタスポーツ用のリテーナが使用されていても
実際に中を見てみないと分からないのかなと思います。

さぁ、次回はいよいよ、中を覗いてみましょう。
posted by アールエス800 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料/CHASSIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

週末、トヨタ博物館へ行こうと思う。

「クラシックカー・フェスティバル」がトヨタ博物館へ戻って来ました。
(万博の開催にあたり、ここ数年は確か豊田市にて開催されていました。)

資料収集(ヨタ来てるかな?)も兼ねて行こうと思っております。

以前は、各地から集まった旧車がトヨタ博物館をスタートし、
メイン会場である青少年公園へ向かい公園内コースを走行して
公園内に勢揃いというのが、通例であったようですが、
今回はメイン会場がトヨタ博物館となり、モリコロパーク
(旧青少年公園:万博時は長久手会場)をスタートし、
長久手町内をパレードし博物館内へ勢揃いするというスケジュールになったようです。

詳しくは博物館HP(http://www.toyota.co.jp/Museum/data/b01_01.html)を
見ていただければと思います。
また、HPの下の方に駐車場などの情報(当日は博物館には駐車出来ません)を
PDFファイルでダウンロード出来るようになっていますので行かれる方は。

パレードのルートですが、ござらっせ〜のルートはよく通る道ですのでちと説明を。
(上記のHPのコースをあわせて参照してください。)

●ござらっせ
最近、地元農家の作った有機野菜などを売るあぐりん村も併設された地元の温泉。
当日はパレード見物のお客も歓迎のようです。

●熊張真行田交差点
近くに中華料理店「万点」があり、いつも混んでいるので気になっていましたが、
先日行ってみるとなかなか美味でした。

●熊張真行田交差点〜長久手町役場
田舎道ですが、路駐はよろしくないので、
この間にコンビニが2店舗ありまして、買い物メインでちと見物は可能かな?
まぁ、長久手町役場の駐車場を無料開放するようですので、
パレード見物の場合ここに駐車するのが無難です。
また、役場前の交差点角にある鰻屋もおすすめです。

●ヴィレッジバンガード
コースからはずれますが、古戦場南の交差点から
南下するとすぐにある「遊べる本屋さん」ですが、車関係の本もたくさん在庫され、
確か初代カリーナの整備書(復刻版)が在庫処分でかなり安く売っていたはずです。

さて、メイン会場の博物館ですが、駐車場がめんどうだな〜。
ちょっと、距離があるがケッタ(自転車)で行こうか・・・
確かパンクしていたな、花粉アレルギーも気になるし・・・


posted by アールエス800 at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

ミッション002「外から識別せよ!」

前回、ミッション001にて山海堂の「パブリカ800の整備」では、
パブリカの新トランスミッション(フルシンクロタイプ)への変更時期を
42年3月以降UP20-60001以降の車両と明記されていると書きましたが、
純正のパブリカのパーツリストには、1,2,3,4速オールシンクロメッシュ
(F.N.UP20-60301以降)とあります。

300番の違いではありますが、実際にどちらが正しいのか分かりません。

さて、今回はその新旧のミッションの外からの違いです。
(ヨタ用の3速ギアが入っているかどうかは、エンジンとドッキングしている
 状態での判断方法を知りませんのでご了承ください。)

※細かい形状の違いは省きます。



DSC01280A*.jpg   DSC01292B*.jpg



●トランスミッションケースLH
 旧MT品番:33112-10010
 新MT品番:33112-10011
 ※新旧の互換性はありません。
 ※40年版のパーツリストのみ各ケースの品番が掲載されていますが、
  それ以降のリストにはサブアッセンブリでの品番しか載っていないようです。
 ※写真のサンプルでは新MTの品番は長丸の凸部分に入っていますが、
  同じ品番(33112-10011)でも旧MTと同じように入っているタイプ
 (長丸の凸部分がない)も確認しています。

●エクステンションハウジング(MT後方のケース)
 新旧ともに品番は同じ:33141-10011
 ※品番も同じことから新旧で互換性はあると思われます。



DSC01282A*.jpg   DSC01293B*.jpg



●トランスミッションケースRH
 旧MT品番:33111-10012
 新MT品番:33111-10013
 ※新旧の互換性はありません。
 ※判断しやすい部分として、新MTには赤○内のナットと
  ピポットが付属されていることです。
  これが付いているかどうかで新旧の識別が出来ると思います。
 (内部構造の違いにつながります。)

次回はミッション003「内から識別せよ!」をお送りします。

※あくまでもメカ的にどのような意味があるのか分かっていないものの
 記事であることをご了承ください。
posted by アールエス800 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料/CHASSIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

ミッション001「壊れたMTをばらせ!」

システムのトラブルなどあり、なかなか更新できずにおりました。
なんとか仕事のデータとブログのデータはバックアップできたのが幸いです。

さて、GW中ミッションなどの整理をしていました。
(半年前にも同じようなことをしていたような・・・
 http://pdamodel.seesaa.net/article/27340105.html

どうも歳のせいか、同じことを繰り返してしまうようで・・・
(単に計画性のない性分なだけです。)

ちょっと、メカに弱い自分ですので勉強の意味も込めて、
2〜4速シンクロタイプとフルシンクロタイプのミッションの違いを
数回でまとめたいと思います。
(メカ的に説明できませんので、あくまでも見た目の違いです。)

山海堂の「パブリカ800の整備」S43年11月発行版
(厳密にはS47年2月第3版)では、2タイプ両方の整備方法が併記されています。

また、変更時期が下記のように明記されていました。
※以降記事中の表記に習って「新トランスミッション(新MT)」
「旧トランスミッション(旧MT)」と表記します。

●新トランスミッション(フルシンクロタイプ):42年3月以降
 UP20-60001以降の車両
 UP15-12011以降の車両

●旧トランスミッション(2〜4速シンクロタイプ):42年3月以前
 UP10全車
 UP20-60000以前の車両
 UP15-12010以前の車両


まず、その話の前に、以前壊してしまったミッションの部品です。
ばらしてみたらパブリカ用フルシンクロタイプでした。



DSC01305C*.jpg



エクステンションハウジング内では、シフトレバー用のシャフトを固定する
ボルトが脱落し、ミッションケース内ではキー(シンクロメッシュシフティング)が
折れシフトフォークにかんでいました。



DSC01311C*.jpg



ケース内のオイル?が、なぜか白く濁っており、
素人目にも一目でただごとではないと思える状態でした。

単に乱暴な操作が原因なのか?金属疲労が原因なのか?定かではありません。
posted by アールエス800 at 15:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 資料/CHASSIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。